公共交通オープンデータ最先端都市フォーラム in OKAYAMA

公共交通オープンデータ最先端都市フォーラム in OKAYAMA

この度の豪雨により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げるとともに、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
関係者と協議をいたしましたが、本フォーラムは当初の予定通り開催する運びとさせていただきます。
ご参加予定の皆様におかれましては、当日は無理のない範囲で会場までお越しください。
ご来場が難しくなった方へも、当日の様子・資料などは何らかの形でご覧いただけるよう検討しております。
本フォーラムをはじめとして、公共交通のオープンデータの取組が、皆様の日常生活だけでなく、災害からの
復旧・復興にも貢献できる日が来るよう、関係者一同尽力する所存です。

はじめに

案内

岡山では今、自治体、交通事業者、地域コミュニティなどがそれぞれ公共交通のオープンデータ整備に熱心に取り組んでおり、全国でも有数の公共交通オープンデータ先端地域になろうとしています。

このイベントでは、現在岡山で公開されている公共交通オープンデータを一堂に集め、データ整備の状況や活用可能性を事例を交えながら紹介します。そして、地域の課題を解決するためのデータ活用の可能性を広く議論します。岡山県における公共交通オープンデータの現状への理解を深めて頂くとともに、公共交通に関心を寄せる皆様がデータの更なる充実や活用のために何が出来るか、考えるきっかけとなることを願っています。

交通・街づくりに関心のある方、IT・データもエンジニア、交通事業者・自治体関係者等、ご興味のある方はぜひご参加ください。

開催概要

開催日時:2018年7月14日(土)13:30~16:45(開場 13:00)

会場:岡山県立図書館多目的ホール(岡山県岡山市北区丸の内2-6-30)

主催:公共交通オープンデータ最先端都市フォーラム in 岡山実行委員会(一般社団法人データクレイドル・東京大学 瀬崎研究室・アーバンデータチャレンジ2018実行委員会・一般財団法人地域公共交通総合研究所・code for KURASHIKI)

定員:80名

その他:参加無料 終了後懇親会(会費制)を予定しております。

プログラム

フォーラムのプログラム

    13:30~13:40 挨拶・趣旨説明
    13:40~14:00 基調講演 オープンデータが変える公共交通
             伊藤昌毅 東京大学生産技術研究所 助教/地域公共交通総合研究所 研究員
    14:00~14:15 話題提供1 岡山県の公共交通データ(岡山県庁担当者)
    14:15~14:30 話題提供2 コミュニティバスデータを作ってみた(岡山大学学生)
    14:30~14:50 公共交通オープンデータ活用事例と発展への期待
             太田恒平 株式会社トラフィックブレイン 代表取締役社長/地域公共交通総合研究所 研究員
    14:50~15:00 アイデアソン企画説明
            -- 休憩・移動 --
    15:10~16:10 アイデアソン
             公共交通オープンデータをどのように整備,活用するか、
             地域や興味に応じたグループに分かれてディスカッションします。
    16:10~16:35 各チーム成果発表
    16:35~16:45 講評・閉会挨拶

    17:30~19:30 懇親会(希望者)
       場所:ホテルエクセル岡山 レストラン ALOALO (アロアロ) 
       会費:3500円(飲物付)

伊藤先生

お申込み

定員に達したため申込受付を終了いたしました。誠にありがとうございました。
お問合せは以下のメールアドレスまでご連絡ください。
公共交通オープンデータ最先端都市 フォーラムin 岡山実行委員会事務局
info at d-cradle.or.jp (atを@におきかえしてください。)